常勝トレーダーを目指すためのチャート分析方法を無料公開中!メルマガはこちら>>

為替チャートの見方|リアルタイムで考えること②

FXチャートでリアルタイムで考えること

 

為替チャート相場でトレードする際に、リアルタイムで考えるべきこと…

この記事はその2をお届けします。

↓前回の記事はこちら ↓

 

で、私の結論は

「相場に対して自分が正しいことをしているのか?」

ということになるのですが、そう考える理由を説明して行きます。

 

Chapter

「相場に対し正しいことをしているのか?」とは?

リアルタイムでチャートを見ながら考える大事なことは、

リアルタイムで刻一刻と動いている為替相場に対し、自分のトレード(行動・ポジション)が果たして正しいことをしているのか?

を考えていくのが重要になります。

そしてその判断は、できるだけ客観的に判断していかなければなりません。

 

なぜならば、客観的に見れないと、どうしても自分のポジションは正しいという観点で相場を見てしまい、無理矢理にでも、自分のポジションに都合の良いラインを引いたり、強引に正当化する理由を探す…という偏った見方になってしまうからです。

 

もちろん、自分のトレードが正しいかどうかの判断を下して行くためには、値動きに対し遅れて動くインジケーターなどの計算値ではなくて、

為替相場そのものの値動きに関する本質的なことが理解できている

のが必須条件となります。

インジケーターの数値を判断基準にしてしまうと、仮にポジションを持った時点ではOKだったとして、その後の値動き次第で、その時点での数値はズレて来るので、後で振り返ったら実はNGだった…ということが往々にして起こり得るんです。

よって、インジケーターの数値だけでなく、チャートそのものの動きの方に重きを置いて判断しましょう!

 

 

自分のトレードが為替相場に対して何をしているのか?

これがわからない状態だと以下の2つの弊害が出てきます。

  • 「再現性のあるトレードができない」
  • 「負けトレードの経験を次のトレードに生かせない」

 

1つずつ詳細を見て行きましょう!

弊害その①「再現性のあるトレードができない」

1つ目の弊害は、もしトレードで勝てても

「やった思い通りに勝てたラッキー!」

という何となくの勘に頼った形で終わってしまい、トレードが丁か半かの博打的な物になってしまうということです。

 

為替相場という世界は相場環境が過去と全く同じということはまずありません。

同じようなトレードをしても、その時の様々な相場環境によって、違う結果になるのは当然のことなのです。

 

だから仮に必勝パターンがあったとしても、勝率100%なんて有り得ないのです…

天才打者イチロー選手でさえ、ヒットにできる得意のコースに投球に対して、かなりの高確率でヒットにできるものの、打ち損じするケースってありましたよね?

相場もそれと一緒で、過去に同じパターンでエントリーしたからと言って、今回もその過去と同じように絶対勝てるという保証はどこにもないのです。

だからこそ、自分のポジションが間違っていた場合のシナリオも念頭に置いて、損切りポイントを決めて置くなど、最悪のケースも想定して置く必要があります。

 

これが分かってないと、「いや、この場面は絶対ロングエントリーでしょ!」みたいな片方のシナリオしか考えない博打的なトレードになってしまい、勝ちトレードの確率も低くなってしまいます。

つまりここで重要なのは、一時は勝てたとしても勝ち続けることは難しい…ということです。

 

勝ち続けるには、偶然にではなくて、必然的に勝っていく必要がありますが、そのためには

自分のトレードに対してしっかりした根拠を持っていなければなりません。

 

 

例) 日足の相場環境はダウントレンド中だけど、日足の過去の節目ポイントで一旦跳ね返されてきて、今日のところは少し値動きが戻りそうだ。→じゃあ、獲れる値幅は小さいという前提の下、短期的に反発する動きに乗るために、1H足で買いエントリーできる形が出るまで待とう…

 

など、自分のトレードについて説明できるようになるというのが、勝ち組への第一歩だと私は考えています。

 

そして根拠のあるトレードをするためには、

自分が為替チャート上で一体何をしているのか?(=ポジションを持った理由)

をきちんと把握しておく必要があるのです。

 

逆にコレがないと、後でトレードを振り返った時に、何で結果がそうなったのか?という分析ができません。

それは以下で説明する「再現性」という意味で非常に不利になります。

 

 

再現性のあるトレードをする!

トレードで勝ち続けるためには、再現性という観点が非常に大事です。

 

自分がやっているトレードが勝つ再現性が高いトレードだと認識していれば、あとはそれをただ愚直に実行さえしていれば自然と勝ち組の仲間入りができるハズです。

 

例え少々失敗しても、

そのトレードで確かに勝てるんだ!

というエビデンス(証拠/根拠)があればそれを信じて淡々と自分のトレードを実行し続けられます。

 

つまり、

自分のトレードに自信を持つということは、為替相場に対して自分のトレードが有効なんだという根拠を持つ

ことになるのです。

 

あの時と似たような場面だから今回もイケる!

そう思っても、いつか違う結果になる(=負ける)時が必ず来ます。

コレはハッキリ断言できます!【必ず】です!

 

そうなった時に、本当は相場に対して有効なトレードで勝率も80%(10回中2回は負ける)と高いものなのに、10回中2回の負けが、たまたま最初に連続で起こると、

  • このやり方では勝てない!
  • 違うやり方を考えなければ!

と早合点してしまいます。

 

実際に私自身も安定して勝ててなかった時は、トレードルールがコロコロと変わったものです。

 

弊害その②「負けトレードの経験を次のトレードに生かせない」

2つ目の弊害はトレードで負けたときの対処の仕方です。

 

自分が相場の値動きに対してどういうことをやったのかさえ分からないのですから、当然、

  • 何故負けたのか?
  • 自分のトレードのどこが悪かったのか?

ということが理解できません。

 

例えば…月足のトレンドに逆らったから負けたんだなと納得して、その負けの経験を次のトレードに生かして行った方が、圧倒的に早くトレードが上達します。

この例の場合は、「環境認識で月足までチェックするようにする!」などの軌道修正をすることができますよね。

 

なかなか勝てない自分のトレードを

  • どう改善するのか?
  • 今のトレードの一体どこが悪いのか?

これらの答えの出発点が、まず

為替相場に対して自分のトレードが何をしているのか?

を考えることにある、と私は考えます。

 

ですから、刻一刻と目の前で変動する為替チャートを見ながらリアルタイムで常に

今の自分のトレードは果たして相場に対して正しいことをしているのか?

ということを意識してみてください。

当然、目の前の相場の値動きに対して、ちょっとでも「間違ってるな~」と感じたなら、一旦ポジションを決済して冷静さを取り戻すべきなのです!

 

その積み重ねが、きっとトレードを見直す良いキッカケになると思います。

 

以上、参考になりましたら幸いです。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Chapter
閉じる