常勝トレーダーを目指すためのチャート分析方法を無料公開中!メルマガはこちら>>

為替相場で予想が外れた場合の考え方|トレードの期待値を信じる

為替相場で予想がハズれた場合

為替相場に参加すればするほど、値動きの予想が外れることは「よくあること」になって来ます。

 

それでも、勝ち組トレーダーは、しっかりしたトレード戦略の軸があるので、すぐ軌道修正できますが、初心者にとってはそうはいきません。

場合によっては、損失が膨らんでパニックになることもあるでしょう。

 

この記事では、そんな「予想が外れた時」の考え方についてご紹介します。

 

Chapter

予想が外れても自分のトレードに集中する

いきなり結論からになりますが…

 

為替相場の世界で生き残っていくためには、個々のトレードの結果は無視して、

自分のトレードルールの期待値にだけ意識を集中する

ことが大事です。

 

だからトレードルールは必ず

期待値がプラス

になるようにする必要があります。

 

期待値がプラスのトレードということは、分かりやすく言うと、

数回トレード後、結果的にトータルで利益が出せるルール

ということです。

 

従って、

トレードすればするほど、そのプラス分がどんどん積み上がって行く

ことになります。

 

勝ち組になるためには、必ず期待値がプラスになるように、

自分のトレードの勝率とリスクリワードレシオのバランスをよく考えてトレードルールを構築していく

べきなのです。

 

 

私も経験があるのですが、カリスマトレーダーが使っているロジックを学ぶと、もうそれだけで負けることはないんだと勘違いしてしまうことがあります。

しかし、現実的に勝率100%の手法というのは有り得ません。

どんなに優れた手法を使っていても必ずどこかで負けるのです。

 

そして、運悪く負けてしまったときは、

負けを素直に受け入れて、それを今後に繋げる

という意識が大事になります。

 

 

普通にトレードしていれば80%くらいの優れた勝率を叩き出せるロジックなのに、

たった1度の失敗に対して必要以上に何故失敗したのか?

を考えてしまい、その後のトレードの調子を

狂わせてしまうことはよくあります。

 

 

プロ野球選手を例に挙げると、長いシーズンを通して必ずスランプというものは訪れます。

どんなに練習していても、調子を落とすことが頻繁にあるのです。

 

為替相場におけるトレードに関しても同じことが言えます。

 

トレードにおけるスランプは相場環境が微妙に変わることが主原因だったりしますが、スランプは単純に調子が悪いから発生するわけではないと私は思います。

と言うのも、トレードにおけるスランプは

悪い結果を過剰に意識することで、心理状態が乱れ、それがパフォーマンスを低下させているのではないか?

と実感しているからです。

 

ですから

最近、トレードが上手くいかないんだよね…

と逆境に見舞われたときは

「これでまた成長できる」

と自分に言い聞かせて、果敢にその逆境に立ち向かうことが大事です。

 

失敗を次のトレードに活かす

 

むしろトレードが上手くいかない逆境のときこそ、凹むのではなく、成功への強い欲望を前面に出すべきだと思います。

 

 

失敗トレードを振り返って、自分のトレードルールを見直し修正していくのは確かに必要なことです。

とは言え、何故失敗したのか?を考えてもよくわからないときもあります。

 

どうしても相場には不確定要素があるからです。

 

トレードを振り返って、失敗の原因がよくわからないときは

その過去の失敗は即刻忘れて、目の前のトレードにひたすら集中しましょう!

 

クヨクヨと悩むよりは早めに切り替えるべきです。

 

 

過去の成功に関しても同じことが言えます。

 

過去の成功にあまりにもこだわって

「このときは成功したから、きっと今度も大丈夫なハズだ!」

と考えてしまうと、失敗するものです。

 

過去と似た場面だから…という考え方ではなく、

その都度、自分のトレードルールに(丁寧に)照らし合わせながらトレードしていきましょう。

 

同じ相場はないので過去と違う結果になるのは、ある意味当たり前なのです。

 

よって、

自分のトレードをして、それで結果が出なくても別にいいじゃないか

と良い意味で開き直ってください。

そして、期待値がプラスのトレードルールに忠実に守った自分を褒めてあげましょう。

 

ベストを尽くすだけに集中すれば、きっと道が開けます。

仮に結果が出なくても、ベストを尽くしたことで得るものは必ずあります。

 

もちろん、過去のトレードの結果に対し、明らかに原因がわかる場合は、そこから得られるものを見逃さないようにしてください。

 

だけど、考えてもよくわからないトレードはむしろ忘れてしまった方がプラスに作用します。

 

 

1回1回の結果ではなくトータル(1ヶ月や1年など自分の目標の時間軸)でどうなのか?

にフォーカスして考えましょう!

 

 

また、逆境に立ち向かうのと同時に、

状況の変化に対応できる柔軟性

も絶対に必要です!

 

値動きは自分でコントロールできないのですから、そもそも思い通りに行くハズがありません!!

人生も相場もそう簡単には行かないものです…

 

この柔軟性という意味では、

どのような時にトレードしないのか?

を決めることは、どのような時にエントリーするかを決めるのと同じくらい重要になります。

 

 

過去の失敗から自分のクセを把握し、ぜひ、トレードルールに加えて行きましょう!!

自然と無駄なトレードが減って結果勝率は上がると思いますよ。

 

 

以上、今回はメンタル面中心の話になってしまいましたが、参考にして頂けると幸いです。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Chapter
閉じる